ナルト 暁 うちはイタチ

うちはイタチは忍10人からなる組織の暁の一人で、うちは一族を皆殺した人物でもあります。実力は相当な強さで伝説三忍の一人である大蛇丸が相手にならないほどです。得意とする忍術は幻術で、特に月読みと呼ばれる忍術は強力です。月読みとは相手に自分の眼を見せる事で幻の世界に誘います。それは記憶だったり、精神的にダメージを与える物だったりします。幻の世界での3日間剣で斬り続けられても現実世界の一瞬にも満たない時間になります。うちはイタチは想像絶する過去を持っています。一族を全員抹殺した事の表向きはうちはイタチが自分で勝手にやった事になっているのですが、実はうちはイタチがうちは一族がクーデターを起こそうとしている情報を木の葉の上層部に流し、木の葉の上層部の機密情報をうちはに流すという二重のスパイ活動をしていて、木の葉の上層部の命令でした。しかし自分の弟だけは殺すことがどうしてもできず、何も知らない弟は一族を全員殺した自分への復讐を目標にさせることで弟を強い忍に育てる事にしました。一族を抹殺した自分を弟に殺させる事で弟が英雄となり、自分が二重スパイをしていた事は闇に葬ることができると考えました。これがうちはイタチの生き方です。